【会話で学ぶシリーズ】正直、税金が何か分からない人【難易度:スライム級】

経済システム(経済・所得・消費の動き)

本日のヒトコトで結論

税金とは、

みんなでお金を出し合って、大金をつくり、そこから支払いをするシステムの事なのじゃ。


登場人物の紹介

物知り博士(53歳・無職)

とっても物知りな博士。

 

助手ちゃん(23歳・OL)

いつも好奇心いっぱいの女の子。

 


ある日の昼下がり

博士ー。税金って何ですか?
ほほう、助手ちゃん。

突然どうしたのじゃ?

私達って、色々な税金を払わなきゃいけないじゃないですか。

でも税金が具体的に何なのか分からなくて。

ふーむ。助手ちゃんは税金についてどのくらい知っておるのじゃ?
うーん。

思いつくのは、消費税とかですかね。

なるほど。

それでは本日は、税金がどんなモノなのかを一緒に咀嚼していくのじゃ。

 


➀『税』『金』って何?

()たちが()めた税金()は、国民()の「健康()()かな生活()」を実現()するために、()地方公共団体()()活動()財源()となるのです。()たちは一人()では()きていけません。()は、()たちが社会()生活()していくための、いわば「会費()」といえるでしょう。

国税庁』より引用

例えば誰かの誕生日を祝う時に、プレゼントを買うためにお金を出し合うじゃろ?

一人だと高くて買えないモノも、みんなでお金を出し合う事で買えるようになる。

税金も同じじゃ。

公共サービスを維持するには、とてもお金がかかる。

それをみんなで少しずつ出し合う事で、大きなお金をつくるのじゃ。

私は誕生日を誰かに祝われた経験はありませんけどね。
つまり税金とは、みんなでお金を出し合う事で、公共サービスを維持していこうというシステムじゃ。
公共サービス…。

警察とか、救急車ですか?

うむ。

お巡りさんの給料は税金から出ておる。

もし、税金というカタチでお金を出し合っていなければ、お巡りさんの給料は無くなってしまうのじゃ。
そうなると、お巡りさんは給料を集めるために、お金を稼がなくてはならなくなる。

助手ちゃんが交番に行って、「道案内一回100円です」と言われたら困るじゃろう。

「パトロール一回1000円」なんて言われたら、もっと困りますね。
だからこそ、事前にみんなでお巡りさんの給料分のお金を集める。

つまり税金とは、みんなでお金を集めて、そこから支払いをするという事なのじゃな。

まさに、誕生日会のプレゼント代と同じですね。

②税金の種類

ココからは、税金の集め方、つまり「お金をどうやって出し合う」の段階じゃ。
まずはお金を集めないといけませんものね。
税金の集め方には、たくさんの種類があるのじゃ。

今回は、それぞれを簡単に説明していくぞ。


  1. 消費税:モノを買う時に支払う。
  2. 所得税:個人が、お金を稼いだ時に支払う。
  3. 住民税:住んでいる場所に支払う。
  4. 法人税:会社が、お金を稼いだ時に支払う。
  5. 酒税:お酒を買う時に支払う。
  6. たばこ税:タバコを買う時に支払う。
  7. 関税:外国から商品を買う時に支払う。
  8. 自動車税:自動車を持っている人が支払う。

わぉ。

思ったよりたくさんありますね。

コレを全部覚えるのかと思うと、頭痛がします。
覚える必要はないぞ。

それに、助手ちゃんが関係ない税金もいくつかあるじゃろ。

助手ちゃんは会社を経営していないから、法人税は無関係じゃ。

お酒もタバコも買わないし、海外から商品も買わないじゃろ。

自動車も持ってませんでした。
八つの税金のウチ、消費税所得税住民税を次回以降説明していくぞ。

まとめ

税金とは、みんなでお金を出し合って、大金をつくる事なんですね。
うむ。

そこから支払いをする事で、公共サービスを維持できるのじゃ。

お巡りさんの給料とかですね。

次回以降は、消費税など、税金のより深い部分の説明をしていくぞ。